Laboratory for Intelligent Systems Design
知的システムデザイン分野

(稗方和夫研究室)




東京大学工学部システム創成学科知能社会システムコース(PSI) / Undergraduates: Dept. of Systems Innovation, SoE, UTokyo
東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻 / Dept. of Human and Engineered Environmental Studies, GSFS, UTokyo
サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム / Graduate Program in Sustainability Science, GSFS, UTokyo

知的システムデザイン分野へようこそ

社会や産業は、人間と技術、制度をシステム化したものとして捉えることができます。これらの社会や産業のシステムは進化しながら人間の高い期待に応えてきましたが、システムのメカニズムが複雑になり、地球温暖化や高齢化などの解決の困難な問題を生じています。

本研究室は、シミュレーション、センシング、データ解析の技術でシステムにかかわる意思決定など人間の知的活動を支援し、このような課題の解決に資する研究に取り組みます。

Welcome to Laboratory for Intelligent Systems Design(LISD)

Societies and industries can be thought as a system of people, technology, and institutions. Although these social and industrial systems have evolved and met the high expectations of humans, the mechanisms of the systems have become more complex, giving rise to difficult problems to solve, such as global warming and aging populations.

This laboratory is engaged in research that contributes to solving such problems by supporting human intellectual activities such as decision-making related to systems with simulation, sensing, and data analysis technologies.

News

2022/11/26

D1粕淵卓が2022.12.14(WED) 13:30 – 15:50に、シミュレータを活用したインシデント対応プロセス改善の「ハンズオン」ワークショップを開催します。

D1 Kasubuchi will host a hands-on workshop on 2022.12.14 (WED) 13:30 - 15:50 on improving the incident response process using simulators.

2022/11/24

稗方教授とM1の野々村一歩が人工知能学会合同研究会2022で発表しました.

Prof. Hiekata and Kazuho Nonomura (M1) made a presentation at SIG Conference 2022.

2022/11/24

M1の野々村一歩と稗方教授が日本船舶海洋工学会令和4年秋季講演会で発表しました.

Kazuho Nonomura (M1) and Prof. Hiekata made a presentation at JASNAOE 2022 Annual Autumn Meeting.

2022/10/14

PRESIDENT 2022年11.4号(2022年10月14日(金)発売)にD1粕淵卓が、資格を含むキャリアアップについての記事を掲載しました。

https://www.president.co.jp/pre/new/
https://www.president.co.jp/fileadmin/res/pre/topic_mae/004.jpg

2022/10/07

稗方教授がInnovation for Cool Earth Forum 2022(ICEF 2022)のSide Event "NEDO Green Innovation Fund Projects Symposium “A Challenge toward Global Supply Chain Carbon Neutrality” にモデレーターとして参加しました。動画が配信されています。

Professor Hiekata served as a moderator of Side Event "NEDO Green Innovation Fund Projects Symposium “A Challenge toward Global Supply Chain Carbon Neutrality” at Innovation for Cool Earth Forum 2022(ICEF 2022). The recording is availabe on the web.

2022/9/22

9月の修了式(粕淵 卓、Saul TRUJILLO CASTILLO)が行われました

The graduation ceremony for Kasubuchi san and Saul san.

2022/9/16

日本経済新聞朝刊誌面にて,小佐野重利名誉教授・特任研究員による全10回の記事「脳で見る絵画十選」が9月21日から10月5日の平日に掲載されました。

In the morning edition of the Nikken, 10 articles by Professor Emeritus Shigetoshi Osano "脳で見る絵画十選" were published.

2022/9/16

M1の野々村一歩がICCAS 2022で発表しました

Nonomura, a M1 student, made a presentation at ICCAS 2022.

2022/7/29

稗方和夫教授と特任研究員のIra Winder、D3の彭思雄、D2のMst Taskia Khatun、M1の野々村一歩が7/4~8の The Future of Engineering 2022 で発表しました。

Prof. Hiekata, Ira Winder (Special project researcher), Shio Bo (D3), Mst Taskia Khatun (D2), and Nonomura (M1) made a presentation at The Future of Engineering 2022 on 4th~8th July.

2022/7/20

M2の粕淵卓が 第94回CSEC・第43回SPT合同研究発表会で発表しました。

Kasubuchi, a M2 student, made a presentation at IPSJ 2022 Meeting.

2022/6/19

稗方和夫教授と特任研究員のIra Winder、D3の彭思雄、D2のMst Taskia Khatun、M1の野々村一歩が7/4~8の The Future of Engineering 2022 で発表します。

Prof. Hiekata, Ira Winder (Special project researcher), Shio Bo (D3), Mst Taskia Khatun (D2), and Nonomura (M1) will make a presentation at The Future of Engineering 2022 on 4th~8th July.

2022/6/19

稗方和夫教授とM1の野々村一歩が 令和4年 日本船舶海洋工学会 春季講演会 で発表しました。

Prof. Hiekata and Nonomura, a M1 student, made a presentation at JASNAOE 2022 Annual Spring Meeting.